研 修 会
その2

現地研修とエンジンチェーンソーの手入れと使い方
1. 平成20年4月26日(土)、多可郡多可町加美区山寄上の木材搬出現場において、標記研修会を行いました。

副会長の所有されている山で、(有)森安木材店が搬出・間伐を行っています。

参加人数は、12名です。

15時集合で、15時15分から研修がスタートです。


2. まずは、木材搬出の現場と、針広混交林化の現場の見学と、事業を行っている(有)森安木材店社長による説明を聞きました。

林道はここの伐採のために新たに付けられた物です。






反対側の山の方?(方角が分からなくなっって)に行くとそこはコンクリート舗装がされた林道がありました。



しかし、普段あまり運動をしていないHP管理人には非常に辛い山歩きでした(^^;;;


3. ここからは、間伐林の伐採の仕方(チェーンソーの使い方)の研修です。
まず、間伐する木をどちら方向に倒すのかを決め、そちらにある木にローラーを引っ掛けてそのローラーにワイヤーを通し、倒れてこない方向の木に牽引機を取り付けます。




次に、倒れる方向のところを<字型かL字型にチェーンソーで木の直径の1/3以下ぐらいに切断します。


続いて、反対側を切断しますが、残り全部をきるのではなく、1cm弱残してきります。


切断面にて上記のことを確認しています。


以上の事を踏まえて、もう1本を切ります。


残念ながら、他の木にもたれかかってしまいました。
しかし、少し引っ張ればいいようで、最終的には綺麗に倒れました。
これは中々出来ない研修かも。



4. チェーンソーの刃の手入れ(目立て)の仕方を勉強しました。





実はHP管理人は写真を撮るので手一杯で、よく聞いていなくて、殆ど分かりませんでした。
翌日、(有)森安木材店社長に自分のチェーンソーの目立てをしてもらう時に説明してもらってやっと分かったような気がする(^^;;;


これで本日の研修は無事終了です。
ただし、5時の終了予定が5時40分を過ぎていました。皆熱心です。

この後は平成20年度の総会です。