森の認証制度等について
加美林研として、今後の活動は、森の認証制度(SGEC)についての勉強をし、この認証を受けていこうと考えています。



下記のリンク先を見ていただければいいのですが、簡単に説明しますと、

 日本の人工林が多いという実態から、世界的な認証制度を日本の実態に合わせた形で少し見直した上で、「森林の維持管理、伐採管理、搬出、製材、消費者へ販売(安心安全品質の木材・製材の販売)、市場を通じて森林へのサポート」という循環をうまく回していこう。
 そのために、7つの客観的な基準を定め、上記の循環にかかわらない第三者による厳しい評価を受け、評価後もその評価時の現状を維持管理しているか確認していくというものです。



 これらの7つの基準の達成は、森林の所有者にとってはかなりきついオーダーとなるのですが、人工林の置かれている現状を考え、又今後を考える上で避けて通れないところがあるのは事実です。

 加美林研では、平成20年度からこの認証制度についての勉強会を開催し、会員の共通認識を育んでいき、加美林研として認証を受けられるよう努力をしていきたいと思います


リンク
SGEC『森の循環』認証会議のページにある「SGEC森林認証制度とは」